マカロン姫、無事にお月様へ辿りつけたかな?

こんばんは。もっと早くブログを更新しようと思っていたのですが、

思うように手に付かずにいました

前記事へコメント頂いた方への返信もできずにいてごめんなさい


とっても可愛い我が家のマカロン姫の最期を、忘れないように残したいと思います。

支離滅裂、長文になるかと思いますが…

どこから書いたらいいのでしょう…。

5月1日は、うんぴさんが出たのは米粒10粒くらいでした。

相変わらず、おトイレに行って踏ん張っている様子はありましたが、出ている様子はありませんでした。

この日も、朝晩、皮下補液を点滴し、1日3回の強制給餌とお薬をあげ、

1日1回のラキサトーンもあげて、お腹を温め、マッサージもしてあげました。

自分で突然おトイレに走っていく姿もありましたが、以前に比べて、元気がなくなっていたのは見てわかりました。

今まではものすごくすばしっこくて、逃げ回られたら、捕まえることも困難でしたが、

この時にはほとんど逃げまわることもありませんでした。

そして、何よりも体が風船のように膨らんでしまうこともありました。

とは言え、この時は塊うんぴさんがポンって出てくれたら、きっと大丈夫!!って思っていたので、

一生懸命温めて、マッサージをしてあげれば少しでも良くなるだろうと、期待していました。

30日の夜は朝方まで私が看病をしていたので、1日の夜は彼がマカロン姫の看病をしてくれていました。

2日の朝起きて、マカロン姫の様子を聞くと、前日よりも少し元気がなく、

うんぴさんもおちっこも全くでていないということでした。

ひとまず、朝の点滴とお薬をあげて様子を見ましたが、元気がありませんでした。

心配だったので、主治医の先生にお電話したのですが、つながらず

どうしたらいいものかと迷っていたら、自分で走って隅っこに行き、踏ん張っていました。

すると、数粒、米粒うんぴさんが出ていました。

うんぴさんが少し出たね〜。なんてマカロン姫に声をかけてナデナデしていたんです。

しかし、その後は再びうずくまってしまい、時折歯ぎしりもしていました。

お昼少し前に、先生からお電話があり、マカロン姫のことを伝えました。

前日からおちっこが全く出ていないこと。食欲が全く無いこと。元気が無いこと。

先生からは、

「覚悟していただいておいたほうがいいかもしれません。」と。

「でも、諦めるのはまだ早いです。」って。

お腹を温めて、マッサージをしてあげることで腸が刺激され、回復することもあると言われ、

お電話を頂いた後に、マッサージをして温めてあげました。

その後は、マカロン姫をソファーの上に寝かせて、一生懸命ナデナデしていました。

この時、マカロン姫は自分で起き上がって動くことはできなくなっていました。

お昼になって、お昼ごはんを作って、テーブルにご飯を置いて、マカロン姫をナデナデしていると、

呼吸が辛そうになっていました。

彼に、「マカロン、呼吸するのが辛そうかも…」

って言っていたら、その後1分もしないうちに口呼吸になりました。

「ねぇ、口呼吸になってる!!」って彼に言って、

彼が開けていた窓を閉めていた時でした。

マカロン姫の呼吸がピタッと止まってしまいました。

本当に静かに、暴れることもなく、鳴くこともなく…

まだ、息をしているんじゃないか…と何度も思いましたが、

大きな目をパッチリと開けたまま、マカロン姫の時計は止まってしまいました。

1ヶ月とっても苦しかったマカロン姫

本当に頑張ったね。


その後、主治医の先生にもお電話をして、息を引き取ったことを伝えました。

先生からは、便秘が最初の原因かもしれないけど、もしかしたら他にどこか問題があったのかもしれないので、

もし原因をはっきりとさせたいようであれば、預かって原因を調べますよ。

と言われましたが、彼と話し合った結果、解剖はしませんでした。

綺麗な体の状態でお空に送ってあげようと。

ただ、原因も気にはなっています。

1ヶ月間、大好きだったペレットも食べず、最終的には大好きなお野菜も果物も食べれなくなり、

おちっこも出なくなり…そのせいで、体が水分で膨れてしまって、体が太りすぎたためにグルーミングもできなくなってしまい…。

どうにか助けてあげることができたのではないか…と思う日々です。


5月5日の夕方に、マカロン姫は火葬しました。

それまでは、お花に囲まれて安らかに眠っていました。

ただ、火葬する日にお顔を見ると、鼻血が出ていました。


火葬は、マシュマロ王子ベリー王子の時もお世話になった、火葬車にお願いしました。

自宅に引き取りに来て、近所の駐車場で火葬した後に、返骨していただきました。

マカロン姫は思った以上に体が大きくなっていて、

うさぎさんサイズのトレーでははみ出てしまうので、猫ちゃん用のトレーでした。

骨壷ももしかしたら、大きめサイズになるかもしれません。って言われました。

しかし、返骨された時に見ると、小さい骨壷でした。

「やはり、骨格は小さかったんですね。」って。

通常、火葬した時に胃の中に残っている内容物は黒く残るようなんですけど、

マカロン姫は何にも残っていなかったようです。

本当に便秘さんだったのかな…。

体が大きくなっていたのはやはり水分だったようです。

やはりおちっこを作り出すことができなくなっていたのかもしれません。

マカロン姫、ものすごく辛かったね…。


小さな骨壷になって帰ってきたマカロン姫

姿のないマカロン姫

いないという現実を受け入れることにはやはり時間が必要です。

今は、写真をたくさん見ては涙がボロボロと出てきます

可愛いマカロン姫。会いたいな。



マカロン姫の為にとっても素敵なお花をいただきました。

petite cerise*のurara*さん、usagi*holicのまはろんさん、本当にありがとうございました

macarronblo1605086.jpg

マカロン姫はきっとすごく喜んでいます


マカロン姫の今までのお写真を50枚ほどプリントしました。

その中からいくつか載せておきますので、ぜひマカロン姫の可愛い姿をご覧下さいね。

macarronblo1605084.jpg
macarronblo1605082.jpg
macarronblo1605081.jpg
macarronblo1605085.jpg
macarronblo1605083.jpg

本当はもっともっとたくさんあるんですけど、また今度載せますね。

文章書くのがすごく苦手なので、訳がわからなくなってしまったかもしれませんが、

長文をお読みいただきありがとうございました。

ランキング参加中
ポチッと応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ
にほんブログ村

インスタグラムも時々更新中

Instagram


Category: マカロン

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/12 (Thu) 21:54 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する